FC2ブログ

    【RED-G】それなりBログ工房

    手づくりの丸太小屋に住み、エコでエコな山暮らしやログスクール、セルフビルド支援、災害ボランティアなどのノウハウや情報を発信しています。

    Top Page › 工房のセルフビルド › エコでエコな断熱材
    2009-10-30 (Fri) 18:23

    エコでエコな断熱材

    先日、芋久保さんのブログで気になる本が紹介されていました。
    「この本を読んでから建てよう」山本順三著です。
    同じようなタイトルの「ログハウス造り始める前に」などは、興味が引かれますよねえ。

    どんなことが書いてあるのか、教えてもらいました。ホームページがありましたね。「ここの公開質問状」が興味深いですよ。
    本の書評もみてみました。どうも、セルローズファイバー工法のPRのようです。
    ということはホームページの内容と同じでしょうから、読む必要もなさそうです。

    断熱材については、数年前に、非常に興味をもって調べたことがあります。
    そもそも断熱とは何ぞや?からです。
    熱伝道率が小さいほうがいいのですね。一般的には空気が一番小さい。発砲断熱剤のフロン系はもっと小さいとか。究極は真空だとか。木材も小さいほうですね。

    だったら、断熱材なんて不要じゃない?っておもいましたねえ。
    それなら、なぜ断熱材は必要なんだろう?と考え、調べた結果、空気は対流しちゃうってことが問題だったんですね。つまり壁などに空間があれば、熱が移動してしまうようなのです。

    で、移動しないように、小さな空間に空気を閉じ込めたのが、断熱材なのでした。
    それでは、この空間とは、どの程度くらい小さくしたら効果があるのか?これが未だにわからないのですよ。たぶん小さければ小さいほどいいってことなんでしょうけどね。

    先のセルローズファイバー工法ってのは、新聞紙の繊維を隙間なく吹き込むという工法だったんですね。(発泡ウレタン工法みたいに専門業者がいるようです)
    最近の流行?なのかな?欧州では盛んのようですね。
    これを板状にしたものはあるのか?探してみたのですが、見つかりませんでした。

    数年前に、セルローズ(木質繊維)を板状に固めたもののサンプルを取り寄せたことがありました。自然素材に非常に興味があったわけです。
    どうも、グラスウールやロックウール、発泡系は好きになれなかったのです。

    そもそも透湿性のある丸太の小屋なのに、透湿性のない合板や防湿シートやサイディングなどで被ってしまうのは違和感があったのです。屋根以外はね。
    というか、自然素材ならタダだろうと考えたのでした。(笑)

    基本的に性能は似たり寄ったりなので、材質よりも、熱抵抗値が大きいほどいい、つまり厚さですね。
    屋根、床は200ミリ前後、壁は150ミリ前後が理想ですね。東北以北ではね。

    前置きが長くなりましたが、これはボクのログの床です。(2005年12月)
    IMG_1276_202402041158433c6.jpg

    IMG_1281.jpg
    下層から、断熱材支え板9ミリ、断熱材(自然素材)100ミリ、床板30ミリという構成です。

    自然素材とは、簡単にいうと、曲面カンナの削り屑です。廃物利用ですね。これを米袋に詰めて、敷き詰めてあります。
    他に、考えたのは、籾殻、稲わら、畳、布団などです。どれもタダで手に入りますからね。
    これってエコロジカルでエコノミーじゃぁあ~りませんか?!

    <追記>
    最近の断熱材をいろいろ調べてみたら、この業界は、誹謗中傷的な宣伝合戦をしているんですね。
    それぞれの工業会までが、相手の欠点を並べたてています。
    こうなると素人は迷うばかりです。
    解決策は、個人のポリシー(考え方)かな?それに全体構成(総合バランス)でしょうか。断熱の鬼門は窓ですからね。

    それよりなにより大事なのが施工ですね。
    たまたま壁板をはがしたら断熱材が落ちていた(両面テープで止めてあった)とか、透湿シートの表裏を間違えていたとか、透湿と防湿シートを間違えていたとか、隙間に防水テープが貼ってないとか・・・あるからね。高気密とか、大手メーカーほどヤバそう?

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ スローライフへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。
    関連記事

    最終更新日 : 2024-02-04

    Comments







    非公開コメント

    スバナさん

    ですよねええ。
    ボクの姉のところなんか、その上オール電化・全室自動空調とかで、一年中締め切りです。
    田舎なのに、何かが人間を狂わせてますね。
    2009-10-31-08:35 あかじい
    [ 返信 ]

    芋久保さん

    スイマセン。ネタ横取りみたいで。

    写真は1Fの床です。効果はあるでしょうね。実際、比較って難しいですよね。
    ロフト床は板1枚です。小さくて少人数では必要性を感じませんから。

    妻壁、屋根は諸事情があり未施工です。材料はありますがね。

    URL書き込めませんか?どうしたもんか?わかりません。別途メールででも教えてくださいな。こちらで本文に記載します。
    2009-10-31-08:14 あかじい
    [ 返信 ]

    人が住む家は、ほどほどに暑く、ほどほどに寒いのが理想だと考えてます、一年中室内温度が変わらないなんてダメ人間を作るのではと言うのが私の考えです。
    2009-10-30-22:57 スバナ
    [ 返信 * 編集 ]

    書いてくれましたね(-.-;)y-゜゜

    曲面カンナの削り屑の効果はどうですか?
    これは 1Fの床?ロフトの床?

    URLのサイトを見てくだされ
    セルフビルド出来るセルローズファイバーが、これできまりですね。
    天井の断熱も削り屑ですか、面白いですね。

    追伸 コメント覧にURLをかくと
    「英数字の比率が大きすぎるためスパムと判定されました。」
    赤文字でこれが出ます、管理人さん、なんとかして下さ~い。
    2009-10-30-21:55 芋久保
    [ 返信 * 編集 ]

    唐宇了ドノ

    さっそく、どうも。こっちにきましたか。

    そうですよねええ。実におかしいと思います。
    まあ、例によって政治、業界がらみの洗脳かと・・・。

    紹介本のホームページに「業界への質問状」ってのがあります。わかりにくい部分もあるのですが、なかなか興味深いですよ。(リンクを貼っておきます)
    2009-10-30-21:00 あかじい
    [ 返信 ]

    高気密 高断熱は 果たして体にいいのでしょうかね

    はたまた 人が住むための家が 高気密高断熱でいいのでしょうかネ
    2009-10-30-19:00 唐 宇 了
    [ 返信 ]