FC2ブログ

    【RED-G】それなりBログ工房

    手づくりの丸太小屋に住み、エコでエコな山暮らしやログスクール、セルフビルド支援、災害ボランティアなどのノウハウや情報を発信しています。

    Top Page › 山小舎暮らしの日々 › 【 山小舎暮らしの日々】よもやま話2024,4,3-4,9🎦🈤
    2024-04-11 (Thu) 17:50

    【 山小舎暮らしの日々】よもやま話2024,4,3-4,9🎦🈤

    今回は2024/4/3~4/9の間にあった出来事(近況)です。

    やっと、薪用雑木の伐採をはじめました。
    春の陽気で気温は20度前後で作業日和です。
    でも、雨が降ったり、強い風が吹いたりで、なかなか進みません。
    その上、掛かり木の連続で、エライ時間を浪費しています。

    軽トラは、道具運びに使えています。
    薪運びは無理そうなので、伐採後にクラッチ修理を考えています。

    ※一部訂正
    動画中に「60センチで切る」って表現がありますが、80センチの間違いでした。
    薪の長さが40センチですので、その倍数で切っています。



    【主な内容】
    ●薪木の伐採を始める
    ●掛かり木の連続で苦戦
    ●日本ミツバチの初覗き
    ●葉ワサビのツーン辛漬け
    ●大グリを接ぎ木してみた
    ●カメムシを追い出す
    など




    軽トラのバッテリーが弱いので、再始動が困難な時が頻発してました。
    最近、気が付いたことがあります。
    ギアを入れるとき、クラッチを踏みますが、このときエンジン音が変わるのです。ちょと負荷が掛かった感じがします。
    これは、どういうことなのか?疑問なのです。

    いままでは、エンジンを掛けるとき、ギアをニュートラルにして、クラッチペダルを踏んで、スターターを回します。
    すると、セルモーターが回りにくそうだったり、回ったりで、エンジンが掛かったり掛からなかったりします。

    で、先のことを踏まえて、エンジンを掛けてみることにしました。
    つまり、クラッチを踏まずに、スターターを回すと、スムーズに回るのです。
    なので、エンジンもスムーズに掛かります。
    よくわかりませんが、再始動が容易になったので、道具運びに不安がなくなりましたよ。
    ファンベルトを交換したことにより、ダイナモも充電しているようです。

    にほんブログ村 住まいブログ セルフビルド・ハーフビルドへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 山暮らしへ
    お役に立てたらクリックを!(それぞれのジャンルのブログが紹介されます)
    関連記事

    最終更新日 : 2024-04-22

    Comments







    非公開コメント