FC2ブログ

    【RED-G】それなりBログ工房

    手づくりの丸太小屋に住み、エコでエコな山暮らしやログスクール、セルフビルド支援、災害ボランティアなどのノウハウや情報を発信しています。

    Top Page › 山暮らしの日常 › 大雨の被災者だったのだ?
    2012-05-07 (Mon) 17:59

    大雨の被災者だったのだ?

    いやあ、この大連休は事件がいっぱいだったなぁ。わが家のことだけどね。
    厄介な?笑、お客さんも満載だったし。

    大事件は、土石流に襲われたことです。
    3日から夜半まで強い雨が降り続いていました。
    朝起きてみると、庭一面、泥水がゴウゴウと流れているじゃないですか。
    何事が起こったのか、半パニックになりましたよ。
    で、ちょと冷静になって、雨の中、現状偵察です。傘も差さずに。(冷静じゃないか。)

    上段のダム付近。
    IMG_2585.jpg
    泥水の先端左側にダム(池)があります。堤防を水が乗り越えていました。
    放水口は埋まってしまったのか?

    下の段に流れ込んでます。
    IMG_2584.jpg
    ここに車を置いていたんで、避難させましたよ。

    その下の通路も濁流が。
    IMG_2577.jpg

    さらにその下、入り口の橋です。
    IMG_2575.jpg
    ちょっと低くなっているので、ここから沢に流れていました。
    これが一番心配だったのですよ。えぐれて崩壊してしまうと、入り口が無くなりますからね。

    喉がカラカラでした。いったん戻って、水を飲んで、一服して、対策を考えましたよ。
    他人が見たら、顔面蒼白で緊張した恐い顔をしてたんでしょうねぇ。
    この時点で、もうビショビショです。

    まずは、バイパス工事です。水の流れを変えて、入り口の橋上や、通路、ダム堤防上を流れないように、沢に落とします。
    10本くらい掘りましたかね。なにせ石混じりの根っ子の張った山林ですから、簡単に掘れるもんじゃないのです。ツルハシと唐鍬で格闘ですね。
    こんなときに、ユンボが動かない。(故障中)ったく!

    ダムの付け根のバイパス。
    IMG_2614.jpg
    中央の放水路は詰まってますね。

    通路の流れも止まりました。
    IMG_2603.jpg
    だいぶえぐり取られました。

    2時間くらい格闘したら、グッタリ。疲れました。
    たしょう安心したせいか、急に悪寒を感じて、薪ストーブを焚いて一服です。
    腹が減ったー。いつものコーヒーも飲まず、朝飯も食っていなかったのでした。

    午後からは、ふたたび点検です。

    中央の沢は、水が集まりすぎてあふれていました。
    IMG_2610.jpg
    もともと塩ビ管が20セン径と細かったのです。上流は30センチなのにね。笑

    詰まってましたが、そうじゃなくても吐けませんよね。
    手の打ちようがないし、たいした被害にも発展しないので、堤防の補修だけしておきました。

    ダムの状態。
    IMG_2637.jpg
    バイパス効果で、乗り越えは止まりました。

    放水口を手探りでチェック。土砂では埋まっていなさそうでした。
    で、ゴミで詰まりだろうと、その撤去を試みました。
    手探りと勘です。落ちたらヤバイですよね。万が一放水口が開いたら吸い込まれちゃいますからね。
    不自然な体制で命がけですよ。

    おお、渦巻きが! 開通しそう。
    IMG_2641.jpg

    開通で一気に減水しました。
    IMG_2647.jpg
    土管が見えました。

    放水ーー!!!!
    IMG_2644.jpg

    ふつうの状態に戻りました。
    IMG_2654.jpg
    だいぶ、土砂が流れ込んでます。


    近所のオバチャンが、下流の泥水をみて、心配して上がってきました。
    「いままでに、ねえこった。どこぞ崩れたんでねえかと、心配しただぁ。・・・・・・」というようなことを言ってました。
    いままで、そんなことは思い浮かびませんでした。必死だったんですねええ。
    それで、上流部を探索です。

    林の中は鉄砲水が通ったような。
    IMG_2618.jpg
    一気に1メートルくらい増えて流れた跡がみえます。

    わが敷地を抜けたところです。
    IMG_2619.jpg
    ヒノキが倒れています。その前方の崖が崩れて流れてきたようです。

    ここが崩落現場でした。
    IMG_2621.jpg
    家の庭先が崩れたのでした。
    さいわい建物には被害がありませんでしたよ。
    あと数メートル崩れると、建物が崩壊してましたね。いやあ、恐い。

    自分のとこだけで精一杯でしたね。ここまでは気が回らなかった。
    DRTなんかは、夜通しで警戒態勢にはっていたとか、情報があったけど・・・。
    前夜には、お隣の気仙沼では避難勧告がでていたけど、何もできなかった、しなかった・・・。

    くたくたに疲れて、グッタリしているところに、ボランティア仲間が訪ねて来てくれました。
    もっと早く来てくれてたらなぁ~・・・。
    精根つき果てていたので、ロクな対応もせずごめんね。

    翌日、せっかくだから通路補修を。
    IMG_2664.jpg
    普通の車が入れませからね。
    こころよく引き受けてくれましたよ。嬉しい!

    ついでに、薪割りの残りを片付けてもらいました。
    IMG_2675.jpg
    腰が痛くて、難儀していたから、もうちょっとが遅遅として進まず、気がかりたったのね。
    これで来冬の燃料は確保できました。一安心。

    ボランティアは、ホント助けになります。感謝、感謝。
    日ごろは、ボランティアで支援するほうの立場だったけど、今回は被災者になった気分です。
    いろいろな性格の人たちがいるけど、みんないい人なんだねぇ。

    その後は、とうぜんのように宴会。宴会になると、なぜか人が増えるのよね。小さいログがすし詰め状態でした。
    隠しておいたビールも空っぽ!この先オレは生きていけるのか・・・ まったく大嵐が通り過ぎたよう。
    みんな?、持ってきた以上に処分していくのね。笑



    ところで、日中、すこし余裕が出てきたところで、ネットでつぶやいてみたけれども、ほとんど反応は無かったですね。
    まあ、ふだんから冗談半分のネタばっかりだからねぇ~。

    にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ ログハウス・セルフビルドへ 参考になったらクリックお願いします。

    <追記>
    気がかりだった薪の確保もできたので、気を取り直して、次なるミッションです。

    いくつかのボラ支援もあるのだけど、詳細がわからないのですよ。
    で、本業(セルフビルド応援団:半ボランティア)ではなく、副業として依頼されたので、とりあえず打ち合わせをしてきます。

    ボクのログスクールの生徒さんの福島県の仕掛かりセルフビルド・ログハウスなのですが、原発事件で中断していたのを再開するというものです。
    これは、本業でもあり、副業でもあり、被災者支援でもあり、というミッションです。
    しかし、気がかりは腰痛なのです・・・よ。



    今回の大雨後は、絶好の釣りチャンスでもあったのですが、それにも行けずうっぷんが溜まってます。



    <緊急報告>
    先日の生シイタケの放射能検査結果がでました。即日回答です。

    予想通りの、セシウム合計530ベクレル/kgです。

    内陸の一関市市街地周辺では、2300ベクレルですから、はるかに低いです。今の基準(100ベクレル)では越えてますがね。
    これで、ほかの山菜なども、市の発表と比較予想できますね。1/4~1/5ですものね。
    関連記事

    最終更新日 : -0001-11-30

    Comments







    非公開コメント

    亀さん

    ユンボねええ。 どうも燃料の噴出しが悪いみたい。 えらくお金がかかりそうで躊躇してますぅ。
    2012-05-09-18:22 あかじい
    [ 返信 ]

    大したことなくて良かったです!
    この際、早くユンボを修理しましょうよ。
    夏のゲリラ豪雨までに対策しとかないと(-"-;)
    2012-05-08-23:55 亀仙人
    [ 返信 ]

    唐さん

    そうですか。試してみたいですね。
    今度会ったとき、詳しく教えてください。
    藁にもすがりたい!
    2012-05-08-07:29 あかじい
    [ 返信 ]

    [腟究��絖�:v-10]騙されたと思って
    自転車の古チューブを切って紐状にして 
    腰に巻いてみてください

    きつくなくていいんです

    実際に あたしが「騙されてみるつもり」で巻いたことがあります
    2日くらいで ぎっくり腰が 完治しましたです

    うちには 商品化されたゴムチューブが ありますが...

    ちなみに 紫色のチューブです
    2012-05-07-22:41 唐
    [ 返信 ]